銀の鬼(13)ブックライブ無料試し読み&購入


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラから・・・



銀の鬼(13)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀の鬼(13)「公式」はコチラから



銀の鬼(13)


>>>銀の鬼(13)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀の鬼(13)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀の鬼(13)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀の鬼(13)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀の鬼(13)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀の鬼(13)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀の鬼(13)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「ある程度中身を知ってから購入したい」とおっしゃる利用者からすれば、無料漫画というのは良い所だらけのサービスだと断言します。販売者側からしても、新規顧客獲得に結び付くわけです。
利益に直結しない無料漫画を敢えて読むことができるようにすることで、利用者数を引き上げ収益増加へと結びつけるのが事業者にとっての利点ですが、同時に利用者にとっても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
電子書籍に限っては、あれよあれよという間に利用料が高くなっているということが十分考えられます。だけど読み放題なら月額料金が増えることはないので、何冊読破しようとも料金が高くなるという心配がありません。
毎月の本の購入代金は、1冊1冊の単価で見れば高くはありませんが、好きなだけ買っていれば、月々の利用料金はかなり膨らむことになります。読み放題だったら定額になるため、出費を節約できます。
全ての人に等しく与えられた時間を大切にしたいというなら、空き時間をそつなく活用することを考えるべきです。アニメ動画の視聴に関しては通勤中でも可能なことですから、このような時間を充てるべきでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「漫画の連載を楽しみにしている」という方には不要です。ただし単行本が発売されてから読むと言う人にとっては、購入前に無料漫画にて大筋を確認できるというのは、購入判断の助けになるはずです。
カバンなどを持たずに出かけるという男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのは画期的なことなのです。言うなれば、ポケット内に入れて本を携帯できるというわけです。
スマホを使えば、電子コミックを好きな時に楽しめます。ベッドに寝そべって、寝入るまでのリラックスタイムに楽しむという人が少なくないそうです。
電子コミックのサイトそれぞれですが、丸々1巻全部を無料で試し読みができるというところもあります。1巻はタダにして、「楽しいと思ったら、その後の巻を購入してください」というシステムです。
老眼で目の前にあるものが見えにくい状態になったという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍を読むことができるというのは、大いに意味のあることなのです。フォントサイズを自分用に調節できるからです。




ページの先頭へ