銀の鬼(12)ブックライブ無料試し読み&購入


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラから・・・



銀の鬼(12)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀の鬼(12)「公式」はコチラから



銀の鬼(12)


>>>銀の鬼(12)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀の鬼(12)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀の鬼(12)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀の鬼(12)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀の鬼(12)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀の鬼(12)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀の鬼(12)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


非常に多くの人が無料アニメ動画を楽しんでいるようです。急に予定がなくなった時間とかバスで移動中の時間などに、素早くスマホで見ることができるというのは嬉しい限りです。
BookLive「銀の鬼(12)」はノートパソコンやスマホ、NexusやiPadで読むのが便利です。1話だけ試し読みをしてみて、本当にそれを買うかどうかを決断するという人が増えているのだそうです。
コミックブックと言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」という印象を持っているかもしれません。だけれど近頃のBookLive「銀の鬼(12)」には、サラリーマン世代が「懐かしい」と思ってもらえるような作品もどっさりあります。
漫画や書籍を買い集めていくと、後々収納できなくなるということが起きてしまいます。しかしながら実体を持たないBookLive「銀の鬼(12)」なら、しまい場所に悩むことから解放されるため、収納などを考えることなく読むことができるわけです。
BookLive「銀の鬼(12)」を楽しむのであれば、スマホが便利ではないでしょうか?パソコンは重たすぎるので持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも混み合った電車の中などで読みたいという場合には、大きすぎて使いづらいと考えられるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホを持っているなら、手軽に漫画を楽しむことができるのが、コミックサイトの最大のポイントです。単冊で買うタイプのサイトや月額料金制のサイトなど多種多様に存在しております。
絶対に電子書籍で購入するという方が増えつつあります。携行することも要されませんし、収納スペースも必要ないというメリットがあるからです。更に言えば、無料コミックも用意されているので、試し読みだってできるのです。
売り場では、陳列している漫画の立ち読みを抑止するために、ヒモで結ぶのが普通です。電子コミックであれば試し読みが可能となっているので、漫画の趣旨を把握してから買うか決めることができます。
アニメが趣味の方にしてみれば無料アニメ動画と申しますのは非常に画期的なコンテンツなのです。スマホさえ携帯していれば、いつでも視聴することが可能なわけです。
読み放題プランは電子書籍業界におきましてはそれこそ先進的とも言える取り組みなのです。購入する側にとっても出版社側にとっても、良い面が多いと考えていいでしょう。




ページの先頭へ