花一輪ブックライブ無料試し読み&購入


不自然と呼ぶ理由は何もないいくつもの片岡作品がそうであるように女性1人に男性2人、というパターンの短篇である。三角関係と言ってもいいが、しかし男性同士は友人であり嫉妬のない三角関係だ。彼らはそれを楽しむ。世の常識への反抗でもないし、特別、欲望に溺れるわけでもなく。とはいえ、一晩の酩酊くらいはあるだろう。酔った姿がまた、美しき花一輪だ。「鑑賞」しながら男たちはコーヒーを飲む。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラから・・・



花一輪無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


花一輪「公式」はコチラから



花一輪


>>>花一輪の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


花一輪、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
花一輪を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で花一輪を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で花一輪の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で花一輪が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、花一輪以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


比較検討後に、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が増えているようです。ネットで漫画を楽しむ為には、色々なサイトの中から自分にふさわしいものを選ぶことが大切なのです。
気楽にDLして読み進めることができるというのが、無料電子書籍のウリです。本屋まで出向く必要も、通信販売で購入した本を届けてもらう必要もないというわけです。
「目に見える場所に置いておきたくない」、「所有していることをヒミツにしておきたい」と恥じ入る漫画でも、BookLive「花一輪」を有効利用すれば周囲の人に悟られずに購読できます。
スマホ一台の中に購入する漫画を全て収めれば、本棚が空いているかどうかについて気に掛ける必要などないのです。何はともあれ無料コミックから閲覧してみてはどうですか?
漫画の虫だという人からすれば、コレクショングッズとしての単行本は大切だということは認識していますが、「漫画は読めれば十分」という人の場合は、スマホで読めるBookLive「花一輪」の方が扱いやすいでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「詳細に比較せずに選定した」と言われる方は、無料電子書籍はどれも同じという認識かもしれないのですが、サービスの中身は会社によってまちまちですから、比較検証することは大切です。
漫画などは、書店で試し読みして買うかどうかを決断する人がほとんどです。ただし、最近では電子コミック経由で1巻のみ買ってみて、それを買うかどうか判断する方が増えてきています。
店頭では軽く読むのですら憚れるといった漫画でも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍なら、好みに合致するかをよく理解してから買うかどうかを決めることが可能なので、後悔することがありません。
電子書籍を購入するというのは、ネットを通して情報を入手するということです。サービス提供企業が倒産してしまえば利用することができなくなるので、入念に比較してから信頼に足るサイトを選択したいものです。
使用する人が増加し続けているのが昨今の漫画サイトです。スマホだけで漫画を味わうことができますから、バッグなどに入れて本を持ち運ぶことも不要で、手持ちの荷物のカサが減ります。




ページの先頭へ