かく云へばブックライブ無料試し読み&購入


俳諧師であり宝井其角研究家である二上貴夫(フタカミキフウ)の第二句集。凡そ二百五十句を集録。 作者は、平成十八年に第一句集『?天(しゅうてん)』を刊行し、平成二十四年、俳誌『詩あきんど』を創刊したが、この『?天』以後『詩あきんど』以前の凡そ七年間をまとめた集である。 作者にとっての、この七年間のおおきな出来事は加藤郁乎氏らと共に「宝井其角三百回忌」を江戸東京博物館にて催し、其角の墓がある神奈川県伊勢原市「上行寺」にて修したことである。これを機縁に、毎年上行寺にて四月の第一土曜日に「晋翁忌俳諧興行」を催すことになり、平成二十七年現在、十回を数えた。【目次】秦野八景 九句吊 し 雛 七十八句水 引 い て 五十七句白襲 十六句体 温 も 三十一句か く 云 へ ば 四十七句一九六八~九年 十二句解題 二上貴夫氏の俳句「かく云へば」管見 福島壺春プロフィール奥付【著者】二上貴夫:一九四七年、佐賀県鹿島市生まれ。一九九一~一九九七年、『俳諧接心』岡本星女主宰より、十二句連句の手解きを受ける。一九九三~一九九六年、『草の花』(藤田あけ烏主宰)へ投句。一九九六~二〇〇五年、『紫薇』の同人になり、澁谷道主宰より、非懐紙連句の手解きを受ける。二〇〇一年『わいわい連句遊び―連句文芸賞への誘い』を刊行。二〇〇六年、其角三百回忌を加藤郁乎氏らと催す。二〇〇九~二〇一三年、『ぶるうまりん』(須藤徹主宰)へ投句。二〇一二年九月、俳誌『詩あきんど』を創刊。
続きはコチラから・・・



かく云へば無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


かく云へば「公式」はコチラから



かく云へば


>>>かく云へばの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


かく云へば、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
かく云へばを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でかく云へばを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でかく云へばの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でかく云へばが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、かく云へば以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


お店では、店頭に出している漫画を立ち読みされないようにするために、シュリンクをかけるのが一般的と言えるでしょう。BookLive「かく云へば」なら試し読みできますので、物語を見てから購入の判断を下せます。
趣味が漫画を読むことだというのを内緒にしておきたいと言う人が、近年増加しているとのことです。自宅にいろんな漫画は置いておくことができないと言われる方でも、BookLive「かく云へば」を使えば他の人に内緒で閲覧することができます。
「外出先でも漫画を読みたい」と思う人にオススメできるのがBookLive「かく云へば」だと思います。邪魔になる書籍を肌身離さず持ち歩くこともなくなりますし、カバンに入れる荷物も軽くできます。
「連載物として売られている漫画だからこそいいんだ」という方にはニーズがないと言えるサービスです。されど単行本出版まで待って購入するとおっしゃる方にとっては、購入前に無料漫画にて大筋をチェックできるのは、購入判断の助けになるはずです。
多岐にわたる書籍を多数読むという読書家にとって、何冊も買うというのは家計にもダメージを与えてしまうはずです。だけれど読み放題を利用するようにすれば、書籍購入代金を縮減することができてしまいます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


ここに来て、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というプランが誕生し人気急上昇中です。1冊いくらではなくて、月額いくらという販売方式を採用しているのです。
「電子書籍が好きになれない」という人も多々ありますが、一度でもスマホを活用して電子書籍を読んでみれば、その便利さや購入の簡単さからリピーターになるという人が多いのだそうです。
無料アニメ動画については、スマホでも見ることが可能です。最近の傾向としてはシニア層のアニメオタクも増加していることから、これから尚更内容が拡充されていくサービスだと考えられます。
「出先でも漫画が読めたらいいな」という漫画愛好家の方に最適なのが電子コミックではないではないでしょうか?読みたい漫画を持ち歩くことも必要なくなりますし、バッグの中の荷物も減らすことができます。
購入後に「想像よりもつまらなかった」となっても、書籍は返すことができません。だけど電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、そうした状況を防ぐことができるというわけです。




ページの先頭へ