昨日は雨を聴いたブックライブ無料試し読み&購入


堂々めぐりの言葉の果てになぜふと、唐突な言葉が出てしまうのか。浮気。この、凡庸にして普遍的な、みじめな、疲労感のつのる、男女間の出来事。言葉は常に行為よりも遅れているから、言い訳も、釈明も、解決の提示も、嘆願も、互いの言い分も、堂々めぐりを繰り返す運命にある。そのような倦んだ言葉のつらなりの中で、男はふと、あらぬ言葉を口にしてしまう。何一つ決定的な事柄にはつながらない平凡な、しかし不思議な言葉を、ふとつぶやいてしまう。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。79年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラから・・・



昨日は雨を聴いた無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


昨日は雨を聴いた「公式」はコチラから



昨日は雨を聴いた


>>>昨日は雨を聴いたの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


昨日は雨を聴いた、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
昨日は雨を聴いたを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で昨日は雨を聴いたを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で昨日は雨を聴いたの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で昨日は雨を聴いたが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、昨日は雨を聴いた以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


例えば移動中などのちょっとした手空き時間に無料漫画を調べて読みたいと思う本をピックアップしておけば、日曜日などの時間に余裕がある時にダウンロードして残りを読むことが可能です。
仕事がとても忙しくてアニメを視聴するだけの時間を確保できないという場合には、無料アニメ動画が非常に役立ちます。テレビ放映のように、決まった時間に視聴する必要がないわけですから、暇な時間に楽しめます。
無料漫画が楽しめるという理由で、利用者数が急増するのは少し考えればわかることです。本屋さんとは違って、人目を気にすることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍ならではの特長だと言っていいでしょう。
漫画を手に入れる場合には、BookLive「昨日は雨を聴いた」においてある程度試し読みをするというのが良いでしょう。物語のあらすじや登場する人物の全体的な雰囲気を、課金前に確認することができます。
「手の届く場所に保管したくない」、「読者であることを内緒にしたい」という感じの漫画でも、BookLive「昨日は雨を聴いた」を利用すれば他の人に気兼ねせずに楽しむことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


老眼で目の前の文字が見づらくなってしまったという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホで電子書籍が読めるというのは画期的なのです。フォントサイズを調節して読みやすくできるからです。
無料漫画と呼ばれるものは、店舗での立ち読みみたいなものだと捉えられます。楽しめるかどうかをおおよそ理解してから手に入れられるので、利用者も安心できると思います。
10年以上前に読みまくっていた馴染みのある漫画も、電子コミックという形で閲覧できます。お店では置いていないような作品も数多く見受けられるのが利点だと言っても良いでしょう。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる本好きな方もいるのは確かですが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧してみたら、その使い勝手の良さや購入の簡単さから繰り返し購入する人が多いようです。
近年スマホで楽しむことができる趣味も、一段と多様化が図られています。無料アニメ動画は言うまでもなく、無料電子書籍やスマホでできるゲームなど、沢山のコンテンツの中からチョイスできます。




ページの先頭へ