ブルー・ムーンブックライブ無料試し読み&購入


別れ話は3度。そして空には、ブルー・ムーン。女と男がいる。女が「終わりにしたい」という。男は「なぜ?」と聞く。人類が、これまで無限に繰り返してきた行為だ。いったい、平行線ではない別れ話というものが、あるだろうか?終わりにすることと嫌いになることは違う、という言葉がそこにあり、しかしその言葉は2人のあいだで共有されない。されないまま、しかし2人は3度、話すために会う。一度目と二度目は雨。しかし三度目は晴れた。すべてを終えて、窓から見えるのは、きれいなブルー・ムーン。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。86年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラから・・・



ブルー・ムーン無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ブルー・ムーン「公式」はコチラから



ブルー・ムーン


>>>ブルー・ムーンの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ブルー・ムーン、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ブルー・ムーンを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でブルー・ムーンを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でブルー・ムーンの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でブルー・ムーンが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ブルー・ムーン以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電車に乗車している最中に漫画を開くなんて絶対に無理」、そういった方でもスマホの中に漫画を保存しておけば、人目を気にすることがなくなります。こうしたところがBookLive「ブルー・ムーン」の良いところです。
欲しい漫画はたくさん売り出されているけど、買っても置く場所がないという悩みを抱える人もいます。そういったことから、置き場所をいちいち気にせずに済むBookLive「ブルー・ムーン」の利用が増えてきているのでしょう。
入手してから「期待したよりも面白さが伝わらなかった」というケースであっても、買った本は交換してもらえません。ですが電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうした事態をなくせるのです。
今までは本を購読していたと言われる方も、電子書籍という形で読んでみた途端に、その利便性に驚かされるということが多いそうです。コミックサイトも多種多様に存在しますから、是非とも比較してから選ぶのが鉄則です。
不要なものは捨て去るというスタンスが少しずつに浸透してきたここ最近、本も冊子形態で持ちたくないということで、BookLive「ブルー・ムーン」を経由して閲覧する方が増加しつつあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「電子書籍に抵抗がある」という人もいるのは確かですが、1回でもスマホにて電子書籍を読めば、その気軽さや支払いの簡単さから抜け出せなくなるという人が多いのだそうです。
電子コミックがアダルト世代に支持されているのは、中高生だったころに反復して読んだ漫画を、改めて容易く閲覧できるからだと思われます。
物語の世界に夢中になるのは、ストレスを解消するのに半端なく役に立つことが分かっています。複雑で難しい内容よりも、明るくて分かりやすい無料アニメ動画などが良いでしょう。
マンガの売上は、残念ながら低下している状態です。今までのマーケティングは見直して、直接的には利益にならない無料漫画などを採り入れることで、利用者の増加を目論んでいるのです。
売り場では、展示場所の関係で陳列することが可能な書籍数に制限がありますが、電子コミックならこういった制限をする必要がなく、あまり一般的ではない書籍も少なくないのです。




ページの先頭へ