ハイビスカス・ジャムブックライブ無料試し読み&購入


大きな音で、静かな仕事。2つの赤がこの小説の主役だ。片岡義男の小説のアクションの中には、いくつかの強靭な定型がある。この小説もその1つを踏襲している。全長7メートル近いオールズモービル・トロナード。豪勢に見えすぎないことに金をかけた邸宅。プールには全裸で泳ぐ女性。ただ小さな予想外として、ハイビスカス・ジャムがあった。予定された1つの赤に加えて、もう1つの赤が、物語には加わった。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。82年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラから・・・



ハイビスカス・ジャム無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ハイビスカス・ジャム「公式」はコチラから



ハイビスカス・ジャム


>>>ハイビスカス・ジャムの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ハイビスカス・ジャム、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ハイビスカス・ジャムを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でハイビスカス・ジャムを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でハイビスカス・ジャムの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でハイビスカス・ジャムが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ハイビスカス・ジャム以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画と言えば、「若者向けに作られたもの」という印象が強いかもしれません。ですが近年のBookLive「ハイビスカス・ジャム」には、50代以降の方でも「10代の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品もたくさんあります。
どういった話なのかが把握できないままに、表紙だけで読むべきか決断するのは大変です。試し読みができるBookLive「ハイビスカス・ジャム」であったら、概略的な内容を精査した上で買うかどうかの判断ができます。
多くの本屋では、店頭に出している漫画の立ち読みを阻止するために、シュリンクをかけるケースが増えています。BookLive「ハイビスカス・ジャム」であれば試し読みが可能なので、物語のアウトラインをちゃんと理解した上で買えます。
漫画の通販ショップでは、概ね表紙・タイトルの他、さらっとした内容しか把握できません。だけれどBookLive「ハイビスカス・ジャム」サイトであれば、最初の数ページを試し読みすることが可能です。
BookLive「ハイビスカス・ジャム」を読むと言うなら、スマホが便利です。パソコンは持ち歩くことができませんし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で読みたいという時には不向きだと想定されるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料漫画というものは、本屋での立ち読みみたいなものだと捉えることができます。どんな内容かを大まかに確かめた上で買うことができるので、ユーザーも不安感を抱くことが少なくなるはずです。
購入前にあらすじを確認することが可能なら、購入した後に面白くなかったと後悔することがありません。普通の本屋さんでの立ち読みと同様に、電子コミックでも試し読みをすることによって、内容を把握できます。
スマホやパソコンにこれから買う漫画全部を入れることにすれば、本棚に空きがあるかどうかについて心配する必要が一切ありません。何はともあれ無料コミックから利用してみてはどうですか?
老眼が進んだために、目の先30センチ前後のものが見づらくなってしまったという読書が生きがいの高齢の方には、スマホ上で電子書籍が閲覧できるようになったというのは画期的なことなのです。フォントの大きさを自分好みに調整できるからです。
電子コミックのサービスによっては、1巻全部をフリーで試し読みできるというところも存在しているのです。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「もっと読みたいと思ったら、その先の巻を有料にて入手してください」という販売システムです。




ページの先頭へ