1963年、土曜日、午後ブックライブ無料試し読み&購入


1980年、夜、霧の中の別れ。さて今日は、何曜日だろう?片岡義男の短編小説では、男女の出会いは路上で起きる。それが再会、としての出会いであればしかも完璧に偶然のそれであれば、物語はめまぐるしく時をかけめぐる。とりわけ、過去の方へ。路上での、偶然の、実に17年ぶりの邂逅。2人には、これもまた偶然に、通りかかった友人によってあの日のスナップが残されていた。それを所持しているのは女のほうだ。しかし時はとまらない。男はオートバイ、女はマーキュリーで1人を生きる。やがて、あたりを取り囲んだ濃い霧の向こうに去っていく。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラから・・・



1963年、土曜日、午後無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


1963年、土曜日、午後「公式」はコチラから



1963年、土曜日、午後


>>>1963年、土曜日、午後の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


1963年、土曜日、午後、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
1963年、土曜日、午後を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で1963年、土曜日、午後を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で1963年、土曜日、午後の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で1963年、土曜日、午後が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、1963年、土曜日、午後以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックの購買者数は、年々減っているのです。昔ながらの販売戦略にこだわらず、直接的には利益にならない無料漫画などを採り入れることで、利用者数の増加を目指しているのです。
「ここにあるすべての本が読み放題なら、こんなに凄いことはない」という利用者の発想に応えるべく、「固定料金を払えば購入の度に料金が発生しない」という形式の電子書籍が誕生したのです。
漫画があって当然の生活を知られたくないと言う人が、この頃は増えていると聞いています。マイホームに漫画は置いておくことができないという事情を抱えていたとしても、BookLive「1963年、土曜日、午後」の中なら誰にも気兼ねせずに漫画が読みたい放題です。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを介して情報を取得することだと言っていいでしょう。サイトが閉じられてしまったといった場合は、支払ったお金は無駄になりますので、入念に比較してから信用度の高いサイトを選びましょう。
1カ月分の固定料金を払えば、色んな書籍を際限なしに閲覧することができるという読み放題サービスが電子書籍で広がりを見せています。1巻ずつ買わなくても読めるのが一番のおすすめポイントです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料電子書籍をダウンロードしておけば、突然アポイントがなくなってしまっても、無意味に時間が過ぎ行くなどということがなくなるのではないでしょうか?休憩している時間や通勤通学時間などでも、存分に楽しめるはずです。
移動中の何もしていない時などの空いている時間に、さらっと無料漫画を読んで自分好みの本を見つけ出しておけば、後日時間が取れるときに購入して続きをエンジョイすることも可能なのです。
漫画や書籍を購入すると、近い将来収納場所に困るという問題に直面します。だけども実体を持たない電子コミックなら、どこに片づけるか悩む必要がなくなるため、手軽に読めます。
様々なジャンルの本をたくさん読みたいという読書好きにとって、次から次に買うのは金銭的ダメージが大きいものと思われます。しかしながら読み放題なら、1冊当たりの単価を減らすことも可能になります。
月額の利用料金が固定のサイト、登録の必要なく使えるサイト、1巻・2巻と単品で購入するサイト、無料で読める作品が豊富なサイトなど、コミックサイトも何やかやと異なるところがありますから、比較した方が良いとお伝えしておきます。




ページの先頭へ