樹ブックライブ無料試し読み&購入


孤独な男は、二度失う。二本の樹を失い、二回の銃弾がこだまする。長い歳月が、何もかも変えてしまうことがある。そして、最もかけがえのないものが、あまりの純粋さゆえか、やはり長い長いあいだ、記憶の底に沈んだままでいることがある。2つの長い時間が交錯するその時、悲劇に振れてしまうことがある。かつて子供の頃に1年だけ住んだ町のあまりの変貌に呆然としつつ1枚の絵によって忽然とよみがえった自分の宝を男は実に34年ぶりに探し始める。その願いが叶うはずのないことが理解された時、男の居場所はもはや、静かな狂気以外にはない。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラから・・・



樹無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


「公式」はコチラから



樹


>>>樹の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


樹、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
樹を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で樹を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で樹の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で樹が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、樹以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


わざと無料漫画を閲覧できるようにすることで、利用者数を引き上げ売り上げ増加に繋げるのが販売会社側の目的というふうに考えられますが、反対に利用者側からしても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
「電子書籍が好きじゃない」という愛読家の人も少なくありませんが、1回でもスマホで電子書籍を閲覧してみたら、その利便性や支払方法の簡単さから愛用者になる人が多いようです。
サイドバックを持ち歩く習慣のない男の人には、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのは素晴らしいことです。いわばポケットに保管して書籍を持ち運べるわけなのです。
無料コミックは、スマホを所有していれば読むことができるのです。外出中、会社の休憩中、病・医院などでの順番が来るまでの時間など、自由なタイミングで気軽に楽しむことが可能です。
CDを少し聞いてから購入するように、コミックも試し読みで中身を見てから買い求めるのが普通のことのようになってきたように感じます。無料コミックをうまく活用して、読みたかったコミックをサーチしてみて下さい。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「家の中以外でも漫画が読めたらいいな」という人にお誂え向きなのが電子コミックだと言っていいでしょう。邪魔になる書籍を持ち歩くこともなくなりますし、カバンに入れる荷物も重たくならずに済みます。
「どのサイトを利用して本を買い求めるか?」というのは、意外と重要な要素だと考えています。価格とかサービスの中身などが異なるのですから、電子書籍に関しては比較しなくてはなりません。
最新刊が出るたび本屋まで行くのは骨が折れます。だとしましても、一気にドカンと買うのは面白くなかったときの金銭的・心理的ダメージが大きすぎます。電子コミックなら個別に購入できて、その点心配無用だと言えます。
手に入れたい漫画はいっぱい発売されているけど、買っても置く場所がないと嘆いている人も多いようです。そんな理由から、収納箇所をいちいち気にせずに済む漫画サイトの評判がアップしてきたというわけです。
店頭には置いていないであろう昔のタイトルについても、電子書籍には置かれています。無料コミックのラインナップ中には、50歳前後の人が若かりし頃に繰り返し読んだ本が含まれていることもあります。




ページの先頭へ