ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニックブックライブ無料試し読み&購入


経済危機はチャンス! 「バリューの種は不況で芽生える」グジャラート語の「ダンドー」とは「最小のリスクで最大の利益を求めること」バフェットのバリュー戦略を一歩進めた革新的手法究極のバリューのバイブル登場ほとんどの投資家は、高い利益率を得るためには大きなリスクをとらなければならないと言われてきたのではないだろうか。もちろん、画期的なバリュー投資戦略を採用したベンジャミン・グレアムやウォーレン・バフェットやチャーリー・マンガーたちは、リスクを最小化しながら堅実に利益を積み重ねることができるということを証明してきた。本書で紹介する「ダンドー手法」とは、バフェットたちが成功した手法からさらに一歩進めて、リスクを最小化しながら、リターンを最大化するという革新的な方法である。ダンドー(Dhandho)を本来のまま訳すと、「富を創造する努力と挑戦」となる。本書では、著者のモニシュ・パブライがインドの辣腕ビジネス集団であるパテルによる資産配分の枠組みを個人のバリュー投資家が模倣して、株式市場に適用する方法を明らかにしていく。インドのグジャラート州出身のマイノリティであるパテルは、1970年代にわずかな資金を手にアメリカに移住し始めた。彼らは現在、全米で400億ドルのモーテル資産を保有し、年間7億ドル以上の税金を納め、約100万人の雇用を創出している。このどこからともなく現れた貧しいマイノリティグループが、一体どのようにして巨大な資産を築くようになったのだろうか。その答えは、ビジネスに対する彼らの低リスク・高リターンのアプローチに隠されている。本書では、偶然にもグレアムやバフェットのやり方と酷似している彼らの手法を使って、個人投資家でもできる株式市場で高リターンを上げる方法を紹介する。パブライが運営するヘッジファンドであるパブライ・インベストメント・ファンドは、すべての総合株価指数を上回るだけでなく、全ファンドの上位1%に入る成績を常に収めている。1999年にこのファンドに投資した10万ドルは、2006年には65.9万ドル超の価値になり、これはすべての手数料と経費を引いて、年リターンが28%を超えていることを意味している。パブライは本書で、バフェット、グレアム、そしてマンガーの手法のなかから個人投資家でも応用でき、すぐにでも利用できるアプローチ方法を紹介している。投資の天才たちの伝説的な投資戦略とパテルの経営ノウハウを合わせれば、個人投資家が自身の投資成績を大きく向上させ、なおかつ市場平均やプロの投資家にも打ち勝つことができるようになるだろう。また「堀を持ったビジネスに投資する」「裁定取引にこだわる」「成功者をマネたビジネスに投資する」などの章では、低リスク・高リターンのダンドー投資に必須のコンセプトが楽しみながら学べるように紹介されている。
続きはコチラから・・・



ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック「公式」はコチラから



ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック


>>>ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニックの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニックを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニックを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニックの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニックが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックと言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」だと思い込んでいるのではありませんか?でも今はやりのBookLive「ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック」には、50代以降の方でも「子供の頃を思い出す」と言われるような作品もたくさんあります。
漫画マニアの人にとって、コレクションアイテムとしての単行本は価値があるということはわかりますが、「読めればそれで十分」という人だとすれば、スマホ経由で読めるBookLive「ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック」の方がおすすめです。
無料漫画が楽しめるという理由で、利用者が増加するのは至極当然のことです。本屋さんとは違って、他人の目を意識することなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその利点だと言えるのではないでしょうか?
テレビにて放映されているものをテレビ番組のスケジュール通りに見るのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として見ることのできるものなら、自分自身の好き勝手な時間に楽しむことも叶うわけです。
アニメ好きな方にとりましては、無料アニメ動画と言いますのは先進的と言うことができるコンテンツなのです。スマホさえ持っていれば、好き勝手に観賞することができるのですから、本当に便利です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本屋では、販売中の漫画の立ち読みを防止することを目的として、ビニールをかけるケースが多いです。電子コミックの場合は試し読みが可能となっているので、中身をチェックしてから購入の判断を下せます。
面白いか面白くないか迷うような漫画があれば、電子コミックのサイトで料金不要の試し読みを有効利用するのがおすすめです。斜め読みなどして面白さが分からないと思ったら、購入する必要はないわけです。
老眼になったために、目の前の文字がぼやけて見えるようになってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍が閲覧できるようになったというのはすごいことなのです。文字の大きさを変更できるからです。
CDを試し聞きしてから購入するように、漫画も試し読みしたのち買うのが通例になってきたように思われます。無料コミックにて、読みたい漫画を調査してみると良いでしょう。
単行本は、本屋で中を確認して購入するかの意思決定をする人が多いらしいです。けれど、ここ最近はひとまず電子コミックサイトで1巻だけ購読し、それを買うか判断する人が多いようです。




ページの先頭へ