日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項ブックライブ無料試し読み&購入


今、知っておくべき最新51項20XX年――世界一の巨大計画都市が動き出すカスピ海ウォーターフロント。将来、アゼルバイジャン(急成長国・超親日国)で投資・ビジネスをするための必読書●世界的インフラ「BTCパイプライン」と「バクー油田」がこの国をどう変えたのか?●世界の「通信・エネルギーハブ」となり、多様化する新しい経済モデルとは?●世界が集まる「欧州五輪」、「F1」、「ディズニーランド」のポテンシャルは?●世界有数の「急成長国&超親日国」には、どんなビジネスチャンスがあるのか?●アゼルバイジャンでビジネスを始める際に必要な「最新の法務&税務&会計制度」●実際のアゼルバイジャンはどんなところなのか?「経済視察団の生の声」(渡航記より) ・・・日本人の知らない、世界で最も熱く燃える沸騰都市の情報が満載!本書は、日本ではほとんど知られていない国、アゼルバイジャンについて言及した初めての解説書である。今、この国では、世界の注目を浴びるプロジェクトやイベントが進められている。あのドバイを超えると言っても過言ではないほどの躍動感が、ここアゼルバイジャンにはある。アゼルバイジャンという国には、以下のように魅力的な事実がたくさんある。●親日度が世界でもトップクラスである●一般消費者の購買力の成長が著しい●社会主義から資本主義へと一気に変革を起こした国である●日本製品は求められているが日本企業がまったく進出していない●国連・NATO・EUなど国際社会から強い支持・共感を得ている●2020年以降の持続可能性の高い経済成長が期待されている 本書をすべて読み、一度、この国を知ってしまったら、アゼルバイジャンに行かずにはいられなくなるはずだ。そして、実際にこの国に行って見て、この国の人々と触れ合い話してみると、この国の無限の可能性を感じることとなる。きっと、この国で何かビジネスをやってみたくなる。いや、動かずにはいられなくなる。実際にそういったことが起きている。本書は、「アゼルバイジャンでビジネスを行いたい人」「まずは行ってみて次の何かを考えたい人」、そんな人たちに向けて、アゼルバイジャンの基本的な情報はもちろん、会社設立や税務・会計まで、最新の経済関連の情報についても可能な限り網羅した。本書はアゼルバイジャンの真髄を知るための旅行ガイドブックとしても一読の価値はあると思うが、特にアゼルバイジャンのビジネス情報に関しては、その圧倒的な情報量と質は日本随一と自負している。(本書の「はじめに」から抜粋)目次はじめに第1章 ドバイを超える国、アゼルバイジャンの魅力第1節 なぜ、アゼルバイジャンか?第2節 火の国アゼルバイジャン、風の街バクー第3節 アゼルバイジャンへの誘い第4節 バクー油田とBTCパイプライン第5節 ユーロアジア石油輸送回廊第6節 バクー・トビリシ・カルス鉄道第7節 ユーラシア超高速情報通信網第8節 アゼルバイジャンから周辺国への電力輸出計画」第9節 動き始めたこの国の起業家育成とICT宣言第10節 バクーホワイトシティ第11節 ジーラ島カーボンニュートラル主計画第12節 カザ
続きはコチラから・・・



日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項「公式」はコチラから



日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項


>>>日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


サービスの具体的な中身に関しては、運営会社毎に違います。だからこそ、電子書籍をどこで購入するのかというのは、当然比較したほうが良いと思います。軽々しく決めるのは早計です。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入しようと思ったときには、斜め読みして内容を確認してから決定する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読み同様内容を閲覧することが可能だというわけです。
昨今、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というプランが登場し人気急上昇中です。1冊ごとにいくらというのではなく、月額いくらという徴収方法です。
BookLive「日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項」のサイトで違いますが、1巻の全ページを無償で試し読み可能というところも見られます。1巻を読んで、「エンジョイできたら、その続きを買ってください」というサービスです。
スマホを持っている人なら、好きな時に漫画を閲覧することが可能なのが、コミックサイトの強みです。単冊で買うタイプのサイトや毎月固定料金のサイトがあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読み放題という形は、電子書籍業界でしか成しえない正しく革新的な挑戦なのです。ユーザーサイドにとっても販売者サイドにとっても、メリットが多いということで、早くも大人気です。
電車に乗っている時も漫画を読んでいたいという方にとっては、漫画サイトほど便利なものはないでしょう。スマホを一つ所持するだけで、気軽に漫画を購読できます。
講読者数の伸び悩みが出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は核心的なシステムを提案することにより、購入者数を増やしています。画期的な読み放題という仕組みがそれを成し得たのです。
あらゆるサービスに負けることなく、ここ数年無料電子書籍というシステムが拡大している要因としては、一般的な書店が減少してしまったということが挙げられます。
「目に見える場所にストックしておきたくない」、「持っていることだってバレたくない」ような漫画であったとしても、漫画サイトを有効利用すれば自分以外の人にバレることなく購読できます。




ページの先頭へ