マーケットのテクニカル百科 実践編ブックライブ無料試し読み&購入


アメリカで50年支持され続けているテクニカル分析の最高峰が大幅刷新!チャート分析家必携の名著が読みやすくなって完全復刊!数量分析(クオンツ)のバイブル!初版刊行から50年以上たってもまだ版を重ねている本書は、チャートによる株式市場のテクニカル分析に関する書物の最高峰という輝きを依然として失っていない。本書の初版以降に出版されたテクニカル分析に関するほぼすべての書物は、本書から派生したものといっても過言ではない。長い時の試練にさらされてもまったく色あせない本書の愛読者は数百万人を超える。大幅に刷新されたこの第8版は、マーケットがどのような局面にあろうとも、株式のチャートパターンから利益を上げる方法をしっかりと教えてくれる。これはまさに株式投資のタイミングを見極める「バイブル」の最新版とも言えるだろう。 本書のなかに詳述されているエドワーズによるダウ理論の実践的なアプローチをはじめ、反転・保ち合いパターン、トレンドラインおよび支持・抵抗圏の利用法は、個人投資家にとって非常に価値ある売買ツールである。一方、マギーが自らの実践をもって立証した株式売買の戦略と戦術は、真の売買シグナルを決定する最も有効な基礎となるものである。目次第2部 トレード戦術第18章 トレード戦術の問題第18.1章 長期投資家のための戦略と戦術第19章 極めて重要な細かいこと第20章 われわれが求める株式――投機家の見方第20.1章 われわれが求める株式――長期投資家の見方第21章 チャートをつける株式の選択第22章 チャートをつける株式の選択(続き)第23章 ハイリスク株の選択と売買第24章 株式の予想される動き第25章 2つの厄介な質問第26章 単元株と端株の取引(各トレードの規模)第27章 ストップオーダー第28章 底とは何か――天井とは何か第29章 トレンドラインの実践第30章 支持と抵抗圏の使い方第31章 ひとつの籠にすべての卵を盛るな第32章 テクニカルなパターンによる値幅の測定第33章 戦術的な観点からのチャートパターンの再検討第34章 トレード戦術の要約第35章 テクニカルな売買が株価の動きに及ぼす影響第36章 自動化されたトレンドライン――移動平均第37章 「よくあるパターン」第38章 バランスと分散化第39章 試行錯誤第40章 投資資金第41章 投資の実践第42章 ポートフォリオリスク・マネジメント
続きはコチラから・・・



マーケットのテクニカル百科 実践編無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


マーケットのテクニカル百科 実践編「公式」はコチラから



マーケットのテクニカル百科 実践編


>>>マーケットのテクニカル百科 実践編の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


マーケットのテクニカル百科 実践編、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
マーケットのテクニカル百科 実践編を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でマーケットのテクニカル百科 実践編を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でマーケットのテクニカル百科 実践編の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でマーケットのテクニカル百科 実践編が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、マーケットのテクニカル百科 実践編以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


決まった月極め金額を払うことで、様々な書籍を財布を気にせず読むことができるという読み放題プランが電子書籍で広がりを見せています。毎回毎回購入する手間暇が不要なのが一番のおすすめポイントです。
ここに来て、電子書籍業界では斬新な「読み放題」というサービスが誕生し注目されています。1冊ごとにいくらというのではなく、各月いくらという料金体系になっているのです。
数年前の漫画など、店舗では取り寄せてもらわなければ手に入れられない書籍も、BookLive「マーケットのテクニカル百科 実践編」という形で豊富に販売されていますから、その場で直ぐに手に入れて読むことができます。
BookLive「マーケットのテクニカル百科 実践編」がアラフォー世代に話題となっているのは、小さかった頃に繰り返し読んだ作品を、またサクッと閲覧できるからだと言えます。
購入後に「期待していたよりも面白いと思えなかった」という時でも、本は返品することなどできるはずがありません。だけど電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした事態を予防できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


老眼が進んだために、近くの物が見えなくなってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍を閲覧することができるようになったというのは、ある意味革新的なことなのです。文字のサイズをカスタマイズできるからです。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が進出していますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決定することが大事になります。扱っている本の数や価格、サービス内容などを確認することが不可欠です。
さくっとダウンロードしてエンジョイできるというのが、無料電子書籍の強みです。書店まで行く必要も、オンラインで注文した本を受け取る必要も全然ないわけです。
「他人に見られる場所に保管しておけない」、「読んでいることでさえ押し隠したい」と恥じ入る漫画でも、漫画サイトを使用すれば他人に知られずに読むことができるのです。
少し前のコミックなど、書店ではお取り寄せしなくては購入できない書籍も、電子コミックの形で多数並んでいるため、スマホのボタンを操作するだけでダウンロードして楽しむことができます。




ページの先頭へ