マーケットのテクニカル百科 入門編ブックライブ無料試し読み&購入


アメリカで50年支持され続けているテクニカル分析の最高峰が大幅刷新!チャート分析家必携の名著が読みやすくなって完全復刊!数量分析(クオンツ)のバイブル!初版刊行から50年以上たってもまだ版を重ねている本書は、チャートによる株式市場のテクニカル分析に関する書物の最高峰という輝きを依然として失っていない。本書の初版以降に出版されたテクニカル分析に関するほぼすべての書物は、本書から派生したものといっても過言ではない。長い時の試練にさらされてもまったく色あせない本書の愛読者は数百万人を超える。大幅に刷新されたこの第8版は、マーケットがどのような局面にあろうとも、株式のチャートパターンから利益を上げる方法をしっかりと教えてくれる。これはまさに株式投資のタイミングを見極める「バイブル」の最新版とも言えるだろう。 本書のなかに詳述されているエドワーズによるダウ理論の実践的なアプローチをはじめ、反転・保ち合いパターン、トレンドラインおよび支持・抵抗圏の利用法は、個人投資家にとって非常に価値ある売買ツールである。一方、マギーが自らの実践をもって立証した株式売買の戦略と戦術は、真の売買シグナルを決定する最も有効な基礎となるものである。目次第1部 テクニカル分析の理論第1章 株式の売買と投資に対するテクニカルなアプローチ第2章 チャート第3章 ダウ理論第4章 ダウ理論の実践第5章 ダウ理論の欠点第5.1章 20~21世紀におけるダウ理論第6章 重要な反転パターン第7章 重要な反転パターン(続き)第8章 重要な反転パターン――三角形第9章 重要な反転パターン(続き)第10章 その他の反転パターン第10.1章 潜在的な重要性を持つ短期パターン第11章 保ち合いパターン第12章 ギャップ第13章 支持線と抵抗線第14章 トレンドラインとチャネル第15章 メジャートレンドライン第15.1章 21世紀における平均株価の売買第16章 商品先物チャートのテクニカル分析第17章 第1部の要約と結論としての解説第17.1章 21世紀のテクニカル分析とテクノロジー第17.2章 投資分野の拡大
続きはコチラから・・・



マーケットのテクニカル百科 入門編無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


マーケットのテクニカル百科 入門編「公式」はコチラから



マーケットのテクニカル百科 入門編


>>>マーケットのテクニカル百科 入門編の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


マーケットのテクニカル百科 入門編、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
マーケットのテクニカル百科 入門編を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でマーケットのテクニカル百科 入門編を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でマーケットのテクニカル百科 入門編の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でマーケットのテクニカル百科 入門編が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、マーケットのテクニカル百科 入門編以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍ビジネスにはたくさんの業者が進出してきていますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決定することが必要です。書籍が充実しているかとか値段、サービスの質などを吟味すると良いと思います。
老眼のせいで、目から近いところが見えにくくなってしまったという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍を読むことができるというのは、大いに意味のあることなのです。表示文字のサイズを読みやすいように調節できるからです。
CDをじっくり聞いてから買い求めるように、漫画についても試し読み後に買い求めるのが当然になってきたように思われます。無料コミックサイトを活用して、気になっている漫画を見つけ出してみてはいかがですか?
人気の無料コミックは、スマホを所有していれば読めるのです。外出中、昼食後、病院などでの診察待ちの時間など、いつ何時でも気楽に楽しめます。
BookLive「マーケットのテクニカル百科 入門編」は移動中にも使えるスマホやタブレット型の端末からアクセスする方が多いです。ちょっとだけ試し読みができるので、それによりそのコミックをDLするかを決断するという人が稀ではないとのことです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「画面が小さいから読みづらくないのか?」と疑念を抱く人がいることも把握していますが、現実の上で電子コミックをダウンロードしスマホで閲覧するということをすれば、その快適性に驚愕する人が多いようです。
比較したあとに、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人がほとんどです。電子書籍で漫画を楽しみたいと言うなら、諸々のサイトの中から自分にあったものを選定することが必須です。
「漫画の数があり過ぎて置き場所が確保できないから、購入を諦めてしまう」という事が起こらずに済むのが、漫画サイトの良いところです。どれだけたくさん購入しようとも、整理整頓を考えることはありません。
漫画を買うと、そう遠くない時期に収納場所に困るという問題が発生することになります。しかしながら電子コミックなら、整理整頓に困ることから解放されるため、何も気にすることなく読むことができると言えます。
コミックと聞くと、「10代向けに作られたもの」というイメージを抱いでいるかもしれません。だけども近年の電子コミックには、40代以降の方が「10代の頃を思い出す」と言われるような作品も勿論あります。




ページの先頭へ