1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法1|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品2|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法ブックライブ無料試し読み&購入


トレーディングにおけるマネーマネジメントの世界に多大な貢献をしてきたラルフ・ビンスの考え方は、金融のプロのみならず、ベテラン級の一般投資家たちの心をもとらえて離さない。その彼が前三作(『投資家のためのマネーマネジメント』『マセマティクス・オブ・マネーマネジメント』『ニュー・マネーマネジメント』)の概念を基に新たなモデル(レバレッジスペースモデル)を開発した。これは、彼の理論を実践に応用することを可能にするモデルである。ドローダウンという概念を、従来の枠組みを超えて議論している書籍は本書を除いてほかにはないだろう。リスクの測定にリターンの分散を用いてきた従来モデルから発想を180度転換して、リスクの測定にドローダウンを用いる点がこのモデルの最大の特徴であり、画期的な点でもある。そしてこれが、彼のモデルがこの業界で半世紀以上にもわたって使われ続けてきた従来モデルをはるかにしのぐモデルであるゆえんでもある。 第1部は理論が中心だが、オプティマルfアプローチによる最適ポジションサイズという観点からポートフォリオ構築を考えるうえで欠かせない理論ばかりである。理論・概念の理解やポートフォリオの構築に欠かせないものが数学である。しかし現実問題として、ポートフォリオを構築するうえで壁となっているのがこの数学である。ギャンブル理論や統計学などの基本的な理論に始まり、ポートフォリオの構築に必要なケリーの公式、オプティマルfの説明、そして複数の同時ポジションを扱うためのレバレッジスペースモデルへと読者を導いていくなかで、彼が最も重視したのは理論、概念、ポートフォリオ、モデルを読者に数学的にきちんと理解させることである。例えば、次のような複雑な概念を採用する際に壁となる数学的問題にも明確な回答を示している。 ・オプティマルfの枠組みを破産リスクや現実世界でより応用の効くドローダウンリスクと関連づけて適用するにはどうすればよいのか ・リターンの再投資と幾何的成長問題 ・成長の法則、効用、有限流列 ・古典的ポートフォリオ構築 ・大きな成功を収めてきた商品ファンドに共通するポートフォリオやシステムのマ ネージメント手法本書はトレーディングについてのみ書かれたものではない。基本的な数学法則とコ ントロール不可能なリスクを伴う一連の結果を扱うときに、これらの数学法則がわれ われにどのような影響を及ぼすのかが本書のメーンテーマである。幸い彼は優れたライターでもある。本書を読み終えるころには、難しい概念も数学 も難なく理解できているあなたがいるはずだ。
続きはコチラから・・・



ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法「公式」はコチラから



ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法


>>>ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「どの業者で本を購入するのか?」というのは、意外と大切なことだと考えます。値段とかサービス内容などが違うのですから、電子書籍については詳細に比較して決めないといけないと思います。
欲しい漫画は結構あるけど、買っても置く場所がないという人もいるようです。そのため、置き場所を全く考えずに済むBookLive「ラルフ・ビンスの資金管理大全 ──最適なポジションサイズとリスクでリターンを最大化する方法」の利用が増えてきているのでしょう。
漫画や本を耽読したいという人からすれば、大量に買うのは金銭的ダメージが大きいものと思われます。けれど読み放題ならば、書籍に要する料金を大幅に切り詰めることができるのです。
「アニメに関しては、テレビで放映中のものだけ見ている」というのは、今では考えられない話と言えるでしょう。そのわけはと言うと、無料アニメ動画などをオンラインで楽しむというパターンが多くなってきているからです。
スマホで電子書籍をゲットすれば、移動中やお昼の時間など、場所を選ぶことなく楽しむことが可能だということです。立ち読みもできるため、書店に立ち寄る必要など皆無です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本類は基本的に返すことが出来ないので、内容を吟味してから入手したいと考える人には、試し読みが可能な無料電子書籍は予想以上に便利なはずです。漫画も中身を確認してから買い求められます。
漫画が手放せない人からすれば、コレクション品としての単行本は値打ちがあると思いますが、「読むことができればOK」という人だとすれば、スマホ経由で読める電子コミックの方がおすすめです。
放送しているのをオンタイムで追っかけるのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画として配信されているものなら、それぞれの都合に合わせて視聴することが可能です。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが便利だと言えます。支払方法も楽勝ですし、最新巻を購入したいがために、あえて本屋で事前に予約をする行為も無用です。
コミックサイトの一番の利点は、取扱い冊数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと考えられます。売れずに返品扱いになるリスクが発生しない分、たくさんの商品を置けるわけです。




ページの先頭へ