1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法1|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品2|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説ブックライブ無料試し読み&購入


市場の節目には目を通す「座右の書」!ウォール街は、表面的には常に変化している。しかし少し掘り下げれば、ちょっと した出来事や興味深い現象がほぼ毎日起こっては消えていくだけで、本当に重要なこ とは長い年月を経ても変わらないことがすぐに分かるだろう。実際、今日金融界で起 こっていることは歴史のなかで何度も繰り返し起こっており、そのときを基に作成さ れた金融チャートにサイクルやトレンドとしてとらえられている。そこで、これらの チャートを正しく理解すれば、今日のマーケットが今後どのように動いていくかはっ きりと分かり、最高の投資判断が下せるようになる。優秀なマネーマネジャーで金融コラムニストとしても尊敬を集めるケン・フィッシ ャーはこの重要性を理解し、本書を復刊させた。信頼できるこれらのチャートの多く は現代の金融市場のスナップ写真で、株価が売り上げや収益、配当、キャッシュフ ロー、資産などといかに密接に関連しているかを示している。それ以外にも、20世紀 初期当時のチャートや、それよりも古いチャートなども紹介されている。各チャート には、フィッシャーが視覚化と呼ぶ説明が添えられており、チャートの由来や歴史的 な重要性、そして何より重要な今日のマーケットとどのような関連があるかが分析さ れている。株式市場で利益を上げるためには一過性の動きにではなく、単純なステップに集中 することがカギとなる。あらゆる事例をチャートして初心者でも分かるように視覚化 し、それに添えられた情報がいっぱい詰まった説明はチャートのどこに注目すればい いのか、なぜそのことが重要なのかを教えてくれる。また、「ウォール街のワルツ」 と呼ばれる高度に調整されたダンスに対する新たな見方と、投資に関する詳細かつ不 朽の洞察がすべての投資家にとって金言となっている。これらは毎日の投資活動を格 段に向上させてくれるだろう。「ウォール街のワルツ」は、戦争や革命や不況やインフレを乗り越えて200年以上続 いている。バブルと崩壊のサイクルを繰り返しながら独自のリズムで世界中を駆け巡 っているのだ。もしワルツを踊りたいのなら、本書に掲載された90枚のチャートが実 践的な指針となってくれるだろう。そして、明日でも10年後でもかまわないが、投資 家たちが熱狂やヒステリーやパニックに陥っているのを見たら、本書を取り出してそ のときの状況とその後市場はどのように歩んで行ったかをじっくり研究すればよいだ ろう。本書は市場の節目節目で読み返せば、確実な水先案内人になってくれるだろう。
続きはコチラから・・・



チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説「公式」はコチラから



チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説


>>>チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でチャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でチャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でチャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、チャートで見る株式市場200年の歴史 ──マーケットのサイクルとアノマリーを図説解説以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「アニメに関しましては、テレビで放映中のもののみ見ている」というのは、今では考えられない話かもしれません。なぜなのか言えば、無料アニメ動画などをWebで見るという形が増えつつあるからです。
気軽に無料漫画が読めるということで、ユーザーが増加するのは至極当然のことです。書店とは違って、人の目を気にすることなく立ち読み可能だというのは、電子書籍だからこその利点だと断言できます。
人気の無料アニメ動画は、スマホでも見ることができます。以前に比べて40代以降のアニメオタクも増える傾向にありますので、今後なお一層規模が拡大されていくサービスだと考えられます。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、取り揃えている漫画の数が書店よりもずっと多いということです。売れ残って返本作業になるリスクが発生しない分、多種多様な商品を取り扱うことができるというわけです。
電子書籍ビジネスには色々な企業が参入しているので、入念に比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めてほしいと思います。揃えている書籍の種類や価格、サービス、使い勝手などを検証するとうまく行くでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「小さなスマホの画面では文字が読みにくいのでは?」と心配する人もいるのは確かですが、その様な人も電子コミックを購入しスマホで読めば、その快適さに感嘆するはずです。
「漫画の数があまりにも多くて困っているから、購入するのをためらってしまう」という状況にならずに済むのが、漫画サイトの人気の秘密です。山のように買ってしまっても、整理する場所を検討する必要はありません。
電子書籍というものは、気付かないうちに利用代金がすごい金額になっているということがあり得ます。ですが読み放題だったら月額料が固定なので、読み過ぎても利用料金が高額になる心配は無用です。
登録者数が物凄い勢いで増加しつつあるのがスマホで読めるコミックサイトです。少し前までは漫画を単行本で買うという人が大部分でしたが、電子書籍の形で買って閲覧するという利用者が増えているのです。
時間がなくてアニメを視聴するだけの時間を確保できないという人には、無料アニメ動画がもってこいです。テレビ放映のように、決まった時間に見るなどということは不要なので、ちょっとした時間に楽しめます。




ページの先頭へ