オールカラーでわかりやすい! 日本史ブックライブ無料試し読み&購入


歴史がわかれば、世の中のことがもっと楽しくなります。この本では、教科書的な事実関係だけでなく、いろいろな視点からの情報をビジュアルにわかりやすく紹介しました。雑学情報も満載した充実の1冊です。 ※本書は、当社刊 「もう一度学びたい日本の歴史」(2004年2月刊行)をオールカラーにリニューアルし、書名・ページ数・価格を変更したものです。【目次】第1章 日本文化の始まり 古代~縄文~弥生~古墳  ダイナミックに変化していく日本の古代史 第2章 律令国家の形成 飛鳥~奈良~平安  中央集権国家の誕生と権力争い 第3章 武士の時代 鎌倉~室町~安土・桃山  武士主導の時代が到来 乱世から天下統一へ 第4章 徳川幕府の成立と封建社会 江戸初期~後期  江戸幕府 封建社会の確立から動揺へ 第5章 近代国家の成立へ 幕末~明治  欧米列強の仲間入りを目指した明治の躍進 第6章 世界大戦と日本 大正~昭和(敗戦まで)  日本が突き進んだ無謀な戦争への道 第7章 現代の日本 昭和(戦後)~現代  日米関係を基本に発展した社会と経済 索引<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたのものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha
続きはコチラから・・・



オールカラーでわかりやすい! 日本史無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


オールカラーでわかりやすい! 日本史「公式」はコチラから



オールカラーでわかりやすい! 日本史


>>>オールカラーでわかりやすい! 日本史の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


オールカラーでわかりやすい! 日本史、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
オールカラーでわかりやすい! 日本史を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でオールカラーでわかりやすい! 日本史を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でオールカラーでわかりやすい! 日本史の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でオールカラーでわかりやすい! 日本史が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、オールカラーでわかりやすい! 日本史以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


店舗では、本棚のスペースの問題で本棚における書籍数に制約がありますが、BookLive「オールカラーでわかりやすい! 日本史」についてはこの手の制限が必要ないので、少し古い書籍も少なくないのです。
「詳細を理解してからお金を払いたい」と思っている人からすれば、無料漫画はメリットの大きいサービスだと考えて良さそうです。販売側からしましても、新しい利用者獲得が望めます。
スマホが1台あれば、BookLive「オールカラーでわかりやすい! 日本史」を好きな時に閲覧できます。ベッドで横になりつつ、眠りに入るまでのリラックスタイムに満喫するという人が多いようです。
漫画を買い求めていけば、その内片付ける場所がなくなってしまうという問題が生じます。けれどBookLive「オールカラーでわかりやすい! 日本史」なら、保管場所に困ることが不要になるため、手軽に読むことができると言えます。
コミックサイトと言っても、1つや2つではありません。それらのサイトをきっちりと比較して、自分がいいと思うものを選定することが大切です。そうすれば後悔しなくて済みます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料コミックを利用すれば、購入を躊躇っている漫画のさわり部分を試し読みで確認するということが可能なわけです。決済する前にストーリーの流れなどをある程度まで確かめられるので、非常に人気を博しています。
全ての人に等しく与えられた時間を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を有意義に活用することが大事です。アニメ動画を見るくらいは通勤中でもできることなので、そういった時間を効果的に使うようにしましょう。
お店では、スペースの問題から本棚における書籍数に限度がありますが、電子コミックの場合はこんな類の問題が起こらないため、オタク向けの漫画も少なくないのです。
漫画コレクターだという人にとって、収蔵品としての単行本は価値があると理解できますが、手軽に閲覧したいという人だとすれば、スマホで見れる電子コミックの方がいいでしょう。
無料漫画をわざわざ提示することで、訪問者を増やし利益増に繋げるのが販売会社にとっても狙いということになりますが、反対の立場である利用者側からしても試し読みができるので失敗がなくなります。




ページの先頭へ