色の事典 色彩の基礎・配色・使い方ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。色のしくみ、配色のルール、色がもつ心理的効果など、色のパワーを最大限に引き出す使い方が満載です。豊富な実例で理解が深まります。色について知りたい方必携の1冊。 <目次>IntroductionPart1 色の基礎知識 色の構造/色の表し方/色の正体Part2 配色のルール 配色の考え方/色相を基準にした配色/ トーンを基準にした配色/配色の応用テクニックPart3 色の効果 色の心理的効果/色の視覚効果/色の錯視/ 色の見えやすさPart4 色のイメージ 単色のイメージ/イメージを表現する配色/ 配色のイメージPart5 生活空間と色 ファッションの色/プロダクトの色/ テーブルコーディネートの色/ブーケの色/ サインの色/広告の色/Webサイトの色/ 住宅インテリアの色/公共の施設の色/ 商業施設の色<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha
続きはコチラから・・・



色の事典 色彩の基礎・配色・使い方無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


色の事典 色彩の基礎・配色・使い方「公式」はコチラから



色の事典 色彩の基礎・配色・使い方


>>>色の事典 色彩の基礎・配色・使い方の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


色の事典 色彩の基礎・配色・使い方、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
色の事典 色彩の基礎・配色・使い方を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で色の事典 色彩の基礎・配色・使い方を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で色の事典 色彩の基礎・配色・使い方の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で色の事典 色彩の基礎・配色・使い方が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、色の事典 色彩の基礎・配色・使い方以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


バッグを持ち歩かないという男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのはとても便利なことです。荷物を増やすこともなく、ポケットの中に入れて本とか漫画を持ち運べるというわけなのです。
幅広い本を読み漁りたい人にとって、何冊も購入するのはお財布への負担が大きいものだと考えます。しかし読み放題プランなら、本代を大幅に抑えることが可能です。
「家じゃなくても漫画を読んでいたい」と思う人に向いているのがBookLive「色の事典 色彩の基礎・配色・使い方」だと言って間違いありません。漫画本を運搬することもなくなりますし、鞄の中身も重くなりません。
超多忙な毎日でアニメを見る暇がないというような方にとっては、無料アニメ動画が重宝します。オンタイムで視聴する必要がありませんから、暇な時間に視聴できるのです。
気軽にアクセスして閲覧することができるというのが、無料電子書籍の特長です。書籍売り場まで行く必要も、オンラインにて購入した本を配達してもらう必要も全然ないわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


クレジットで購入する電子書籍は、気が付いたら料金が高くなっているということが十分考えられます。ですが読み放題だったら月額料が一定なので、何タイトル読もうとも支払額が高額になるなんてことはないのです。
鞄を持たない主義の男の人には、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのはとても便利です。分かりやすく言うと、ポケット内に入れて書籍を持ち歩けるというわけなのです。
あらすじが曖昧なままで、表紙のイラストだけで漫画を購入するのは危険です。0円で試し読み可能な電子コミックというサービスを利用すれば、一定程度内容を知ってから購入可能です。
小さい時に読みふけった懐かしい漫画も、電子コミックとして購入することができます。一般の書店では陳列されていないタイトルも取り揃えられているのが凄いところだと言っていいでしょう。
多くの書店では、置く場所の問題で並べられる本の数に限界がありますが、電子コミックにおいてはこういった制限が発生せず、少し古い物語も扱えるのです。




ページの先頭へ