この作品はフィクションですブックライブ無料試し読み&購入


“あのころ”の記憶が胸をくすぐるなつかし青春ものがたり昭和62年3月、東北Y県にて、来たるべき高校生活に胸をふくらませていた15歳の愛子。合格発表では雪で転び、入学式直後には風邪で寝込むという苦難に見舞われつつも、運命を感じて入った演劇部。しかし、待っていたのは厳しい練習と地獄のような合宿だった…!愛子が夢に見たハイスクールライフは、いったいどうなる!?【作品初出】「月刊コミックフリル」創刊2号~6号・8号~10号(2012年1月~5月・7月~9月)
続きはコチラから・・・



この作品はフィクションです無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


この作品はフィクションです「公式」はコチラから



この作品はフィクションです


>>>この作品はフィクションですの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


この作品はフィクションです、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
この作品はフィクションですを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でこの作品はフィクションですを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でこの作品はフィクションですの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でこの作品はフィクションですが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、この作品はフィクションです以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「詳細を確認してからでないと不安だ」と考えている人にとって、無料漫画と申しますのは文句のつけようがないサービスだと言えるでしょう。販売者側からしても、利用者数増加が望めます。
電子書籍のニードは、ますます高くなっているのは間違いありません。そんな中で、利用者が増加しつつあるのが読み放題というプランだと聞きます。料金を心配せずに済むというのが一番の利点です。
「自分の部屋に置きたくない」、「所持していることも隠しておきたい」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「この作品はフィクションです」を利用すれば他人に隠したまま読めます。
「出版されているすべての漫画が読み放題であったら良いのに・・・」という利用者の声を反映する形で、「決まった金額を月額料として払えば毎回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が考えられたわけです。
マンガの売れ上げは、残念ながら縮減しているという現状です。古くからのマーケティングにこだわることなく、直接的には利益にならない無料漫画などを前面に打ち出すことで、新規ユーザー数の増大を図っています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


書店では見つけられないような懐かしいタイトルも、電子書籍では買うことができます。無料コミックのラインナップの中には、50歳前後の人が昔読みまくった本もあったりします。
昨今はスマホを利用して楽しむことができるコンテンツも、ますます多様化が進んでいます。無料アニメ動画のみならず、無料電子書籍やスマホゲームなど、多数のコンテンツの中から選ぶことが可能です。
隙間時間を埋めるのに打ってつけのサイトとして、人気が広がっているのが漫画サイトだと言われています。お店で漫画を購入せずとも、スマホでサイトに行けば好きな時に読めるというのがおすすめポイントです。
読み放題というサービスは、電子書籍業界でしか成し得ることができない間違いなく画期的とも言える取り組みです。利用する方にとっても作家サイドにとっても、魅力が多いと高く評価されています。
売り場では、陳列している漫画の立ち読みを禁止するために、ビニールで包むケースが増えています。電子コミックを有効利用すれば試し読みができますから、絵柄や話などを精査してから購入ができます。




ページの先頭へ