野菜が主役のケーク・サレブックライブ無料試し読み&購入


ケーク・サレはフランス生まれの甘くないおかずケーキのこと。具だくさんだから朝食やブランチに、華やかなので手土産にと大活躍します。サラダ油を使うため、バターを泡立てるなど面倒なことはナシ! 生地に具をまぜて型に入れて焼くだけと、驚くほど簡単です。この本ではおなじみの野菜を使ったヘルシーレシピを中心にご紹介します。1章は「基本のケーク・サレ教室」。基本の生地を紹介し、具をかえるだけ型をかえるだけなど、ステップアップ方式でアレンジを展開。2章は「野菜たっぷり ふだんのケーク・サレ」を、3章ではおもてなし向きの「ボリューム満点のケーク・サレ」を、4章では「おつまみケーク・サレ」を特集。林先生の基本の生地はチーズが入らないシンプルなタイプなので、洋風に限らず、和風のみそ味、豆板醤やラー油のピリ辛風味など、幅広いアレンジが楽しめます。今までのケーク・サレの本にない魅力あふれる新感覚のバリエが勢ぞろいです。■著者プロフィール▽林 幸子:料理研究家。料理教室「アトリエ・グー」を主宰することから、愛称「グー先生」。根っからの粉もん好きの関西人。ホテルのベーカリーを手伝いながらプロの手ぎわを学び、甘い洋風粉もん、ケーキにはまる。「手作りケーキはデコレーションよりも味!」が信条の、気軽に作れる焼きっぱなしケーキを研究。お酒がすすむ“おかず”マフィン、ポヨンポヨンとした弾力の“赤ちゃんのお尻”シフォンケーキは、生徒からのリクエストも多い。数年前からそば打ちの腕を磨き、昨年、「ソバリエ・ルシック」の称号を取得した。
続きはコチラから・・・



野菜が主役のケーク・サレ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


野菜が主役のケーク・サレ「公式」はコチラから



野菜が主役のケーク・サレ


>>>野菜が主役のケーク・サレの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


野菜が主役のケーク・サレ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
野菜が主役のケーク・サレを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で野菜が主役のケーク・サレを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で野菜が主役のケーク・サレの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で野菜が主役のケーク・サレが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、野菜が主役のケーク・サレ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


老眼が進んだために、目の前にあるものが見にくくて困っているという読書家の高齢者にとって、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは、大いに意味のあることなのです。文字の大きさを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
無料漫画と呼ばれるものは、本屋での立ち読みみたいなものだと言えます。自分に合うかどうかをそれなりに認識した上で買えるので、利用者も安心できるはずです。
コミックサイトは1つだけではありません。それらのサイトをしっかり比較して、自分に合ったものをチョイスすることが大事になります。そうすれば失敗することも少なくなります。
バッグなどを極力持たない男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍が閲覧できるというのはとても便利なことです。荷物の量自体は変わらないというのに、ポケットに保管して書籍を持ち運ぶことができるわけなのです。
買うべきかどうか迷っている単行本があるときには、BookLive「野菜が主役のケーク・サレ」のサイトで無償の試し読みを有効利用することをおすすめしたいですね。少し見てつまらないと思ったら、買わなければ良いという話です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画というものは、読みつくしたあとに古本買取専門店などに売却しようとしても、わずかなお金しか手にできませんし、読み返そうと思った時に読めなくなります。無料コミックなら、場所いらずなので片付けに困りません。
書籍は返せないので、内容をざっくり確認してから入手したいと考える人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍は本当に重宝するはずです。漫画も内容を見てから買い求められます。
漫画を買う人の数は、年々下降線をたどっています。今までと同じような販売戦略に見切りをつけて、料金の発生しない無料漫画などを広めることで、新規顧客の獲得を狙っています。
小さい頃から本になったものを買っていたという人も、電子書籍を利用し出した途端、便利で戻れなくなるということがほとんどだそうです。コミックサイトもたくさん見られますから、兎にも角にも比較してから選ぶようにしましょう。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、扱っている本の数が書店とは比べ物にならないということでしょう。不良在庫になる心配がない分、たくさんのタイトルをラインナップすることができるのです。




ページの先頭へ