新版 少年野球「基本と上達」のすべてブックライブ無料試し読み&購入


「お父さん」と「子ども」にわかりやすい「少年野球の入門書」であり、「少年野球の技術書」の決定版として評価の高い前作のよいところは継承。子どもたちが野球に興味を持っても、キャッチボールの基本さえ教えられない20代30代のお父さんが急増。本書は、ボールを一度も握ったことのない子どもから、一度も野球をやったことのないお父さんにもわかりやすく手ほどきをした超入門書です。もちろん基本の基本をマスターすることで見違えるように上達していくのも少年野球です。本書を通して野球の楽しさを知り親子のコミュニケーションをはかってください。■プロフィール▽本間正夫1953年(昭和28年)、群馬県前橋市生まれ。編集者を経て、1982年に『つっぱり草野球』でマンガ原作者としてデビューし、フリーの文筆業に。学生時代から少年野球の監督、コーチとして指導に従事し、現在、草野球チーム「BEERS」(ビヤーズ)監督兼投手。投手として260勝、1300 奪三振以上。打者として通算打率3割5厘、500 盗塁以上を記録している。野球に関する主な著書は『少年野球「レベルアップ」のすべて』『少年野球「ルール」のすべて』『少年野球「バッティング」のすべて』『少年野球「コーチ術」のすべて』『少年野球「バッテリー」のすべて』(以上、主婦の友社)、『絶対にうまくなる少年野球「打撃・走塁編」』『同「 投手・守備編」』(以上、実業之日本社)、『DVD でマスター!軟式野球 バッティングの基本』『同 ピッチングの基本』(以上、学習研究社)、『松坂大輔メジャーへの挑戦!』(汐文社)ほか多数。
続きはコチラから・・・



新版 少年野球「基本と上達」のすべて無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


新版 少年野球「基本と上達」のすべて「公式」はコチラから



新版 少年野球「基本と上達」のすべて


>>>新版 少年野球「基本と上達」のすべての詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


新版 少年野球「基本と上達」のすべて、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
新版 少年野球「基本と上達」のすべてを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で新版 少年野球「基本と上達」のすべてを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で新版 少年野球「基本と上達」のすべての購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で新版 少年野球「基本と上達」のすべてが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、新版 少年野球「基本と上達」のすべて以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画雑誌と言うと、「若者向けに作られたもの」というイメージがあるのではないでしょうか?ところが今日びのBookLive「新版 少年野球「基本と上達」のすべて」には、40代以降の方が「思い出深い」と言われるような作品も山ほどあります。
電子書籍の人気度は、ここ1~2年特に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そういう状況の中で、特にユーザーが増加傾向にあるのが読み放題というサービスなんだそうです。値段を心配せずに済むというのが人気を支えています。
人気の無料コミックは、パソコンがあれば読めるのです。外出先、会社の休憩中、病院やクリニックなどでの待っている時間など、隙間時間に気楽に読むことが可能なのです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる本好きな方も多々ありますが、スマホを使って1回でも電子書籍を読めば、その気軽さや購入の簡単さから繰り返し購入する人が大半だと聞いています。
スマホを持っていれば、BookLive「新版 少年野球「基本と上達」のすべて」を好きな時に読めます。ベッドに横たわって、寝るまでのリラックスタイムに閲覧するという人が増えています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


常々たくさん漫画を読むとおっしゃる方にとりましては、毎月決まった料金を支払うことで飽きるまで読み放題という形で閲覧できるという仕組みは、まさしく革命的だと高く評価できるでしょう。
「家じゃなくても漫画が読めたらいいな」という漫画愛好家の方にちょうど良いのが電子コミックです。漫画をバッグに入れておくことが不要になり、バッグの中身も重くなりません。
評判の無料アニメ動画は、スマホでも楽しむことができます。近年は中高年世代のアニメ愛好家も増加していますので、今後以前にも増して進展していくサービスだと考えられます。
漫画雑誌と言うと、「少年少女向けに描かれたもの」という印象を持っているかもしれないですね。だけれどこのところの電子コミックには、50代以降の方でも「昔懐かしい」と思ってもらえるような作品も数え切れないくらいあります。
「どのサイトを介して本を買うか?」というのは、非常に重要な要素だと考えています。値段や仕組みなども色々違うので、電子書籍に関しましては比較して選ばないとならないと思います。




ページの先頭へ