飛田和緒のおかずスナップ。ブックライブ無料試し読み&購入


人気料理家の飛田和緒さんは、特別変わった食材を使うわけではなく派手さもないのに、食べる人を必ず笑顔にしてしまう――いわば“いつもごはん”作りの達人です。飛田さんの手にかかると、たとえば定番おかずだって驚くほどおいしく。「しょうが焼き」には粉をまぶしてうまみを閉じ込め、たれのからみもよくしたり、「肉じゃが」ににんにくを丸ごと加えてしまったり、「ギョーザ」には干した大根の皮をプラスして……と、いつもの作り方にちょっとだけオリジナリティを効かせることで、手軽に、新しい味わいが生まれます。旬の素材を主役にすることで、とくに変わった素材を使わずとも味わい深く、ごはんがもりもりすすむ飛田家のおかず。本書では、四季折々で飛田家の家族に人気のおかずを追いかけました。献立をまるまる真似してみるのもいいし、大きいおかず&小さいおかずのレシピを好きに組み合わせて楽しむもよし。かんたんおやつレシピも載っています。■プロフィール▽飛田和緒1964 年東京生まれ。高校の3年間を長野で過ごす。バレリーナ、OL、ライターなどを経て料理家に。季節感を大切にする食事作り、素材の持ち味を引き出す料理にファンが多く、書籍や雑誌、テレビなどで幅広く活躍中。レーシングドライバーの夫と長女、黒ネコのクロちゃんとともに、海辺の町に暮らす。著書に『私の保存食手帖』(扶桑社)、『作りおきして、便利なおかず』(世界文化社)、『飛田和緒のなべ』(世界文化社)、『基本・定番・お気に入り』(幻冬舎)など。また、仕事仲間と暮らしにまつわる趣味の雑誌『日々』を立ち上げ、制作にもあたっている。
続きはコチラから・・・



飛田和緒のおかずスナップ。無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


飛田和緒のおかずスナップ。「公式」はコチラから



飛田和緒のおかずスナップ。


>>>飛田和緒のおかずスナップ。の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


飛田和緒のおかずスナップ。、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
飛田和緒のおかずスナップ。を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で飛田和緒のおかずスナップ。を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で飛田和緒のおかずスナップ。の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で飛田和緒のおかずスナップ。が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、飛田和緒のおかずスナップ。以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


殆どの書籍は返品は許されないので、内容を把握してから購入を決断したい人にとって、試し読みが可能な無料電子書籍はすごくお得です。漫画も内容をチェックした上で買い求められます。
スマホで見れるBookLive「飛田和緒のおかずスナップ。」は、外に出るときの持ち物を減らすのに有効です。カバンの中などに重たくなる本を何冊も詰めて持ち歩いたりしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能になるのです。
漫画と聞くと、「中高生向けに作られたもの」というイメージがあるのではないでしょうか?しかし近頃のBookLive「飛田和緒のおかずスナップ。」には、お母さん・お父さん世代が「青春を思いだす」と言うような作品もどっさりあります。
本屋では内容確認するのも後ろめたさを感じるという漫画だとしても、無料漫画サービスのある電子書籍なら、中身をきちんとチェックした上でDLすることが可能です。
売り場では、陳列している漫画の立ち読みを禁止するために、ビニール包装する場合が多いです。BookLive「飛田和緒のおかずスナップ。」を利用すれば試し読みができることになっているので、中身を把握してから購入することができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


定常的に沢山漫画を購入するという人からしますと、固定の月額料金を支払うだけで何十冊でも“読み放題”で読むことができるというサービスシステムは、まさしく先進的と言って間違いないでしょう。
利用者が急増中の無料コミックは、スマホなどで見ることができます。移動中、仕事の合間、医療施設などでの順番待ちの時間など、自分の好きなタイミングで気軽に楽しむことが可能です。
利用料が月額固定のサイト、登録しなくても使用できるサイト、1巻・2巻と単品で購入するタイプのサイト、無料のコミックがいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも諸々違いがありますので、比較するべきでしょう。
老眼の為に、近くにあるものがぼや~っとしか見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホで電子書籍を読むことができるようになったというのは、何より嬉しいことなのです。表示文字のサイズを自分好みに調整できるからです。
読んでみた後で「予想よりも全く面白くない内容だった」と嘆いても、買った本は返品することなどできるはずがありません。ですが電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、そうした状況をなくすことができるというわけです。




ページの先頭へ