羽生善治 みんなの将棋入門ブックライブ無料試し読み&購入


羽生善治名人の監修で将棋の基本的なルールを、やさしくレクチャー。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ルールが難しいイメージのある「将棋」。しかし、実際は駒の動かし方や基本的部分さえ覚えてしまえば、子供からお年寄りまで、年齢の垣根なく楽しむことができるゲームなのです。そんなコミュニケーションツールとしても活躍する「将棋」を羽生善治名人監修で、簡単に解説していきます。本書はビギナーにも分かりやすいように、イラストつきで駒の動かし方や役に立つ手筋を掲載。中身はパート分けしてあるので、徐々にステップアップしていく楽しみもあります。また、羽生名人が語る幼年期のエピソードや将棋が強くなるためにはどうすればいいのか? プロになるためにはなどの読み物も盛り込まれているため、将棋の基礎の基礎はこの1冊があれば十分理解できるでしょう。■監修者プロフィール▽羽生善治1970 年9月27 日 埼玉県所沢市生まれ。'82 年 小学生名人戦優勝。二上達也九段に入門。'85 年 四段昇格、プロ棋士となる。'89 年 島朗竜王(当時)を4勝3敗で破り、竜王位に就く。'94 年 史上初の六冠達成。九段。永世棋王獲得。'95 年 前人未到の七冠を完全制覇。永世棋聖獲得。'01 年 プロ15 年で通算700 勝達成。'07 年 最速、最年少、最高勝率で通算1000 勝達成。永世王将獲得。'08 年 名人位に復帰し、十九世名人の資格を得て史上初の永世六冠に。棋聖復帰。'09 年 残るひとつの永世位をかけて竜王戦に挑むも、3勝4敗で永世竜王獲得ならず。'10 年 名人、棋聖、王座の三冠保持。通算獲得タイトルは78 期。
続きはコチラから・・・



羽生善治 みんなの将棋入門無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


羽生善治 みんなの将棋入門「公式」はコチラから



羽生善治 みんなの将棋入門


>>>羽生善治 みんなの将棋入門の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


羽生善治 みんなの将棋入門、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
羽生善治 みんなの将棋入門を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で羽生善治 みんなの将棋入門を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で羽生善治 みんなの将棋入門の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で羽生善治 みんなの将棋入門が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、羽生善治 みんなの将棋入門以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


利用者数が飛躍的に増加しているのが評判のコミックサイトです。これまでは「形が残る単行本で買うのが良い」という人が一般的でしたが、電子書籍という形式で買って見るという人が増えているのです。
先に試し読みをして漫画のストーリーやイラストを理解した上で、不安感を抱くことなく購入し読めるのがWeb漫画の特長です。買う前にストーリーを把握できるので失敗することがほとんど皆無です。
多くの書店では、商品である漫画の立ち読み防止策として、ビニールをかけるというのが普通だと言えます。BookLive「羽生善治 みんなの将棋入門」を有効活用すれば最初の部分を試し読みできるので、あらすじを理解してから買うか決めることができます。
手持ち無沙汰を解消するのに打ってつけのサイトとして、評判になっているのが手軽に利用できるBookLive「羽生善治 みんなの将棋入門」です。お店で欲しい漫画を購入しなくても、スマホだけで繰り返し読めるという部分が素晴らしい点です。
コミック本というのは、読んだあとにブックオフといった古本買取専門店に買ってもらおうとしても、買い取り金額は知れたものですし、もう一度読み返したいと思ったときに大変です。無料コミックを活用すれば、保管場所がいらないので片付けに頭を悩ますことがありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


購入した書籍は返品は認められないので、内容を確かめてから購読したい人にとっては、試し読みが許される無料電子書籍はとても便利なはずです。漫画も内容を見てから買い求められます。
頻繁にコミックを読むなら、コミックサイトが便利だと思います。購入するのも非常に容易ですし、最新本を買い求めたいがために、その度毎に書店で事前予約することも不要になります。
「あるだけ全部の漫画が読み放題なら、こんなに凄いことはない」という利用者の発想をベースに、「月額料を納めれば購入の都度支払手続きをしなくてよい」というプランの電子書籍が生まれたのです。
コミックサイトは沢山あります。それらのサイトを入念に比較して、自分に適したものを見つけることが不可欠です。そうすれば失敗したということがなくなります。
常に新タイトルが追加されるので、どれだけ読もうとも全て読み終わってしまう心配など全く不要というのがコミックサイトなのです。書店では扱っていないような珍しい作品も購入可能です。




ページの先頭へ