頸椎椎間板ヘルニアになったら治療を受ける~病院情報~

女医

不安に感じたら診断

2人の看護師

関節が急に痛みだしたり、継続的に痛みが続いたりしているとリウマチになっている可能性があります。リウマチは体が持つ自己免疫のシステムが暴走してしまい、関節に攻撃をしてしまうという病気なのです。リウマチの症状が出やすいところとして、手や足などの関節部分が挙げられます。このような関節の症状は、ご年配の方に見られやすいという印象があります。しかし、リウマチの症状で世田谷の病院を受診された人は、40代が多いという状態です。また、近年では30代でもリウマチになることがあります。その為、世田谷の病院を受診する人も増えてきているのです。リウマチになってしまうと、身体がこわばってしまい、関節が腫れてしまいます。また、体がだるい状態が続いてしまうこともありますし、微熱が続いてしまう症状もありますので、普段と違う状態が継続的に続いている場合は、病院で医師に相談してみると良いでしょう。

自分がリウマチになっているのではないかと、不安を感じている人もいるでしょう。そんな時は世田谷の病院で検査を受けることをおすすめします。しかし、リウマチの検査についてよくわからない人もいるでしょう。リウマチの検査は、血液検査やエックス線検査を行います。血液検査では、血液中にある炎症性タンパク質の量や赤血球を調べます。また、エックス線では関節の腫れや異常を確認することが出来ます。リウマチの中には発見しづらい小さいものまであるので、最後は医師の触診で調べる方法もあるのです。リウマチではないかと不安になっている人は、世田谷の病院で検査を受けましょう。